メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Dr.北村が語る現代思春期

“#”使い出回る隠語 「ゴ有ホ別苺」が招く危険

 「ハッシュタグ」という言葉をご存じでしょうか。ツイッターを中心としたSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)で、ハッシュマーク(半角の#)がついたキーワードのことです。ハッシュタグを使うことによって簡単に検索でき、同じようなことに興味を持った人たちと共通の話題で盛り上がることができるなどのメリットがあります。

 一方、このように進化するSNSが、見ず知らずの人を簡単に結びつけてしまう危険性をはらんでいます。6月に静岡県藤枝市の山中で女性の遺体が見つかった事件。40代と20代の男性が逮捕されていますが、2人は「インターネットで知り合い、事件当日初めて会った」と供述しているだけでなく、女性との面識もなかったとのこと。SNSの怖さを改めて知らされることになりました。

この記事は有料記事です。

残り711文字(全文1049文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クワズイモは「食えずイモ」 激痛で救急搬送 葉がサトイモ似、各地で誤食被害

  2. 川口のマンションで冷凍庫から乳児の遺体発見 住人の女性らから事情聴く 埼玉県警

  3. デジタル庁、民間と連携 首相直轄、強い権限 政府概要公表

  4. 学術会議現役会員「世界から笑われる」 政府、非政府組織化を提案

  5. GoTo縮小に触れない首相 政策「失敗」認めたくない? 専門家警鐘に動き鈍く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです