メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

こども高野山夏季大学

最終日 はがき手すき、思い出つづる

真剣な表情で手紙を書く子供たち=和歌山県高野町で2018年7月29日、望月亮一撮影

 第12回こども高野山夏季大学(毎日新聞社主催、雪印メグミルク特別協賛)最終日の29日、子供たち約60人は牛乳の紙パックを材料にして作った手すきはがきに4日間の思い出を書いて家族や親戚などに送り、全日程を終えた。

 子供たちは、期間中の紙すき教室で仕上げたリサイクルはがき2枚のうち1枚を各自の大切な人…

この記事は有料記事です。

残り127文字(全文277文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 生理で体育見学の女子生徒に口頭で理由報告させる 滋賀の県立高
  2. 新潟・山形地震 TSUNAMI聞き取れず 旅行中の米国人「パニックに」
  3. 漫画で解説 逃げても罪にならない!?の巻
  4. 逃走 実刑の男、刃物持ち 地検収容時、車で 110番2時間後 神奈川
  5. 中国道でタンクローリーの窓たたき割り強奪し乗り捨て 暴行容疑で逮捕の男関与か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです