メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

追跡

「殺処分ゼロ」の波紋 自治体、犬・猫引き取り拒否 守られる命、ボランティア負担増

 自治体が犬と猫の引き取りを拒否できるようになった2013年9月の改正動物愛護管理法施行から間もなく5年。安易な引き取りで殺処分される命が減った一方で、引き取り手がいない犬や猫を保護するボランティアの負担が増えている。【末永麻裕】

 法改正以前、自治体は飼い主が持ち込んできた犬や猫を一定期間収容し、新たな飼い主が見つからなければ殺処分していた。法改正で、飼い続けるのが困難と判断する「相当な理由」がない限り引き取りを拒否できるようになり、多くの自治体が「殺処分ゼロ」を掲げている。

 環境省によると、改正前の12年度には全国で犬と猫計16万1847匹が殺処分されたが、16年度は3分…

この記事は有料記事です。

残り1014文字(全文1304文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  2. 信長、牛、中学生…「飛び出し坊や」相次いで盗まれる 発祥の地とされる滋賀

  3. 埼玉県南部などで震度3 津波の心配なし

  4. 集合住宅に女子高生の絞殺遺体 住人の男も首をつり死亡 兵庫県警

  5. 支払い前に領収書? 宛名未記入?…ANAホテルの回答から浮かび上がる 首相説明の不自然さ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです