メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

相馬野馬追

49年ぶり浪江で出場 馬でかつての家路へ

標葉郷神旗争奪戦で神旗を手にする豊田正さん=福島県浪江町の中央公園で2018年7月29日、高橋隆輔撮影

 国の重要無形民俗文化財に指定される伝統行事「相馬野馬追(のまおい)」で、獣医師の豊田正さん(67)は、東日本大震災以前は裏方に徹してきた。福島県浪江町で野馬追に出場するのは高校生の時以来49年ぶりだ。「人生全てが野馬追」と話す豊田さんは、標葉郷の神旗争奪戦で高校生に戻ったように、がむしゃらに馬を操っていた。

 豊田さんは馬車引きだった父の影響を受け、幼少期から野馬追に出ていた。高校は馬術部があることを理由に…

この記事は有料記事です。

残り311文字(全文516文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 音楽療法研修会 来月2日、札幌で /北海道
  2. 離婚慰謝料 不倫相手が賠償、判断 最高裁弁論
  3. 詐欺的サブリース 広がる 不動産業者、若者狙う 二重契約でローン一部ピンハネ 一括返金請求の恐れ
  4. 首相 トランプ氏のノーベル平和賞推薦、否定せず 「コメントは控える」
  5. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです