メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

「困った時はお互い様」恩返しのボランティア

西日本豪雨で被災した民家から土砂をかき出す作業をする塔岡直樹さん(左から3人目)一家。左端は妻の薫さん、左から2人目は長女の恵さん、右端は長男の拓海さん=広島市安佐北区で2018年7月27日午後3時39分、西本勝撮影

 「助けてもらった恩返しをせんといけん」。77人が死亡した2014年8月の広島土砂災害で被災した広島市安佐北区の自営業、塔岡(とうのおか)直樹さん(44)一家が、西日本豪雨の被災地でボランティアを続けている。4年前、土砂が積もった自宅周辺に駆け付け、復旧を手助けしてくれたボランティアが今年の西日本豪雨で被災。「困った時はお互い様。力になりたい」と週末ごとに通い、土砂のかき出しに汗を流している。

 「土のうにあんまり土を入れたら持てんくなるぞ」。今月27日、床上浸水した安佐北区の知人宅で、塔岡さんがスコップを手に高校3年の長男、拓海さん(17)に声をかけた。看護師の妻、薫さん(41)と中学2年の長女、恵さん(14)も「暑い、暑い」と泥まみれになりながら手を動かし続ける。作業を終えた拓海さんは「自分の力で汚れをきれいにできるとうれしい」とはにかんだ。

この記事は有料記事です。

残り600文字(全文977文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゾウの死骸に大量のプラごみ タイ当局解剖、消化器官に詰まり出血か

  2. 首相を不祥事から守れば出世できるのか 太田主計局長の財務次官内定で感じた「既視感」

  3. 姫路の24歳女性刺殺 容疑で36歳知人男性逮捕 生前に暴力、警察に相談

  4. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  5. 九州豪雨・被災者の証言 熊本・球磨村その1 「自分の身は自分で守って」未明の防災無線

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです