アメフット

「日大理事長が説明責任欠いた」第三者委

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
田中英寿日大理事長
田中英寿日大理事長

最終報告書、理事長の辞任までは求めず

 日本大がアメリカンフットボール部による悪質タックルの再発防止策の調査や学内のガバナンス(組織統治)体制を検証する目的で設置した第三者委員会(委員長、勝丸充啓弁護士)が30日午前、日大に最終報告書を提出した。関係者によると、経営トップの田中英寿理事長が反則行為に関する事実関係を学内で十分に調査しようとせず、説明責任を果たせなかったことが混乱を招いた一因だと踏み込んだ。

 第三者委は学内のガバナンスを検証するため、5月6日の関西学院大との定期戦以降、大学としてどう対応してきたかを幹部職員らから聞き取りした。田中理事長からも大学トップとしての対応を直接聴いた。

この記事は有料記事です。

残り447文字(全文745文字)

あわせて読みたい

注目の特集