メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アメフット

「日大理事長が説明責任欠いた」第三者委

田中英寿日大理事長

最終報告書、理事長の辞任までは求めず

 日本大がアメリカンフットボール部による悪質タックルの再発防止策の調査や学内のガバナンス(組織統治)体制を検証する目的で設置した第三者委員会(委員長、勝丸充啓弁護士)が30日午前、日大に最終報告書を提出した。関係者によると、経営トップの田中英寿理事長が反則行為に関する事実関係を学内で十分に調査しようとせず、説明責任を果たせなかったことが混乱を招いた一因だと踏み込んだ。

 第三者委は学内のガバナンスを検証するため、5月6日の関西学院大との定期戦以降、大学としてどう対応し…

この記事は有料記事です。

残り492文字(全文745文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  4. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

  5. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです