メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
プラスチック危機

ポリ袋使用まさかの逮捕 ケニア

「プラスチック禁止に賛成」と書かれたプラカードを手に持つジェームズ・ワキビアさん=ケニア・ナクルで2018年7月25日、小泉大士撮影

 ケニアでは、使い捨てのレジ袋を禁止しようという動きは約15年前から起きていたが、ポリ袋の製造・販売業者など業界団体の強い抵抗によって何度も挫折してきた。

 それでも、事態は少しずつ前に動き始めた。

 中部ナクル在住の写真家ジェームズ・ワキビアさん(35)は、うずたかく積もったポリ袋やペットボトルの山に「怒り」を覚えて、以前からごみ行政の改善を主張。当初は署名を集めて地元政府に陳情していたがそれほど効果はなかった。だが、2015年から、「プラスチック禁止に賛成」と書かれたプラカードを通行人ら5000人以上に持ってもらい、その写真をツイッターなどに投稿するキャンペーンを始めたところ、反響を呼んだ。当時の環境担当相も呼応して、ツイートを転載するなどし、共感の輪が広がった。「国境を超えて世界中から賛同の声が集まった」と笑顔で振り返る。こうした市民の支持も後押しし、昨年8月に禁止法の施行に至った。

 一方で、突然の変化は市民を困惑させることにもなった。

この記事は有料記事です。

残り1892文字(全文2317文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あおり運転、傷害容疑で手配の43歳男を逮捕 大阪市内で茨城県警

  2. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  3. 「世間に疲れた」 秋葉原事件にも共感 孤立深めた京アニ放火容疑者

  4. WEB CARTOP [譲らないのも道交法違反]後ろから速いクルマが迫ってきたときはどうする?

  5. 時代の風 「嫌韓」とは何なのか 国益なきストレス解消=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです