メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風12号

被災者「くたびれた」 豪雨、猛暑と続き…

台風12号の被害を警戒し、避難所となっている体育館で過ごす人たち=岡山県倉敷市真備町地区で2018年7月29日午後2時23分、幾島健太郎撮影

 西日本豪雨で大きな被害が出た広島、岡山、愛媛の被災地では29日、台風12号による新たな災害を警戒し、住民らが早めに避難所に身を寄せた。台風による大きな被害は確認されていないが、豪雨の後も、記録的な猛暑、異例の進路をたどった台風と続き、疲れを隠せない被災者もいた。また、週末に大勢訪れると期待されていたボランティアが台風で活動できず、家の片付けなども滞った。

 豪雨での死者・行方不明者が計25人に上った広島県呉市では、台風が接近した29日午前9時、市内全域に…

この記事は有料記事です。

残り1425文字(全文1654文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  2. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「4回転半は試合で飛ばないと意味ない」羽生結弦の一問一答(下)
  5. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです