台風12号

被災者「くたびれた」 豪雨、猛暑と続き…

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
台風12号の被害を警戒し、避難所となっている体育館で過ごす人たち=岡山県倉敷市真備町地区で2018年7月29日午後2時23分、幾島健太郎撮影
台風12号の被害を警戒し、避難所となっている体育館で過ごす人たち=岡山県倉敷市真備町地区で2018年7月29日午後2時23分、幾島健太郎撮影

 西日本豪雨で大きな被害が出た広島、岡山、愛媛の被災地では29日、台風12号による新たな災害を警戒し、住民らが早めに避難所に身を寄せた。台風による大きな被害は確認されていないが、豪雨の後も、記録的な猛暑、異例の進路をたどった台風と続き、疲れを隠せない被災者もいた。また、週末に大勢訪れると期待されていたボランティアが台風で活動できず、家の片付けなども滞った。

 豪雨での死者・行方不明者が計25人に上った広島県呉市では、台風が接近した29日午前9時、市内全域に避難勧告が出され、約80カ所の避難所に計1240人が避難した。同市焼山桜ケ丘の主婦、宮崎信子さん(77)は6日の豪雨の際は自宅にとどまったが、近くで起きた土砂崩れで住宅が被害を受けた。今回の台風では夫と話し合って避難し、「土砂崩れが起きなければいいが」と不安そうに山の斜面を見つめていた。

この記事は有料記事です。

残り1281文字(全文1654文字)

あわせて読みたい

注目の特集