気象庁推計

富士山噴火で都心降灰10センチ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「宝永」級の富士山噴火による最大降灰量の分布予想図
「宝永」級の富士山噴火による最大降灰量の分布予想図

 江戸時代に発生した富士山の大規模噴火(宝永噴火)を、現代の実際の気象状況に当てはめて降灰量を推計したところ、東京都心部でも10センチ以上積もる可能性のあることが気象庁気象研究所のシミュレーションで分かった。経済活動に大きな影響が予想され、政府は今秋までに中央防災会議に有識者検討会を設置し、気象研の推計も参考に富士山の降灰対策に本格的に乗り出す。

 火山灰は1ミリ以上で道路が覆われ、5ミリ積もると鉄道が運行できなくなるとされる。気象研の新堀敏基主任研究官は1707年12月に発生した宝永噴火の噴煙の高さや継続時間の推定値と、気象庁が2015~17年に解析した日々の風向きや気圧などの詳細なデータを用いて推計。1096の降灰パターンを導き出し、東京・大手町はうち3%の36パターンで降灰量が10センチを超えた。

この記事は有料記事です。

残り400文字(全文755文字)

あわせて読みたい

注目の特集