メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル文学賞

ディラン 受賞後初の日本公演、フジロックで16曲(スポニチ)

 16年のノーベル文学賞を受賞した米シンガー・ソングライター、ボブ・ディラン(77)が29日、新潟県湯沢町で行われた野外音楽イベント「フジロックフェスティバル」に出演。同賞受賞後、来日公演するのは初めて。

     ディランは社会と時代を映す歌詞で、「新たな詩的表現を創造した」として、歌手で初めてノーベル文学賞を受賞した。この日は舞台上に米アカデミー賞のトロフィー「オスカー像」が飾られ、01年に同賞の主題歌賞を受賞した「シングス・ハヴ・チェンジド」のピアノ弾き語りでスタート。歌以外は一切話さず、60年代の名曲「悲しきベイブ」「追憶のハイウェイ61」など計16曲を披露。最後に代表曲「風に吹かれて」をバイオリンを交えて歌うと歓声が上がった。29日は約3万8000人が来場。複数のステージが設けられ、多数のミュージシャンが参加したが、ディランの出演時間は他のステージで演奏しない異例の対応が取られた。

     来日公演は78年に始まり今回は2年ぶり101回目。(スポニチ)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 黒部ダムカレー 愛され10年 年間5.7万食売り上げ
    2. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
    3. クックパッドニュース [作ってみた]話題の「ダムカレー」は〇〇を使えば簡単にできた!!
    4. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
    5. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです