メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

個性派フード

ひんやり、こってり 目にも涼しい“大阪色”

アイスクリームにかけた洋酒に着火すると、青い炎に包まれる「焼氷」=大阪市浪速区で、望月亮一撮影

 体が溶けてしまいそうなほど厳しい暑さが続く。だったら、目にも涼しい“フォトジェニック”な食べ物で、体の中からひんやりしてみませんか。思わず、笑みがこぼれてしまう“大阪色”こってりの個性派フードをご堪能あれ。【長尾真希子】

100年前の幻スイーツ

 通天閣のお膝元、新世界で100年前に食べられていたという幻のスイーツを再現した「焼氷(やきごおり)」(750円)が根強い人気を誇っている。読んで字のごとく、氷に火をつけて焼くという斬新なアイデアがハイカラだった当時の新世界をほうふつとさせる。

 もともとは新世界開業100周年にあたる2012年に、喫茶・洋食店「DEN・EN」店主の和田賢史さん…

この記事は有料記事です。

残り1865文字(全文2159文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ドナルド・キーンさん死去 96歳 日本文学研究者、翻訳で国際化に貢献
  2. 戦後70年 今も続いている国民への忍耐押しつけ
  3. 「おまえのせいでとれなかった。殺すぞ」 ポケGO中か 警察官殴った疑い、男逮捕
  4. 器物損壊 車内で体液かける 府教委指導主事に有罪判決 地裁 /京都
  5. 時代の風 日本人の変わらぬ中国観 自国の立ち位置、直視を=城戸久枝・ノンフィクションライター

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです