メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

空畑遺跡

縄文の竪穴住居跡出土 入り口の小穴も いなべ /三重

 県埋蔵文化財センターは、いなべ市北勢町の空畑(そらばた)遺跡から縄文時代前期(約6000年前)の竪穴住居跡が出土し、入り口の痕跡とみられる小さな穴も県内で初めて見つかったと発表した。

 住居跡は3棟で、平面部はいずれも円形(直径約3・5~6メートル)だった。うち1棟は中へ通じる入り口の跡と考えられる穴(直径約20センチ)が二つあった。

 縄文土器の破片や石器も多数出土し、土器片は県内でよく見られる関西系のほか、関東系の影響を受けたもの…

この記事は有料記事です。

残り289文字(全文507文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ことば 紀の川小5刺殺事件 /和歌山
  2. 「声が出なくなった」市川海老蔵さん、歌舞伎座を休演
  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  4. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  5. 10代の自殺、昨年32人増加 全体では9年連続減り2万840人

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです