メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

研究の現場から

ナスの害虫対策 「ゴマまわし」開発 徳島県資源環境研究課 中野昭雄上席研究員 /四国

「ゴマまわし」を開発した徳島県資源環境研究課の中野昭雄上席研究員=徳島県石井町石井の県立農林水産総合技術支援センターで、大坂和也撮影

 農家のナス栽培で甚大な収量減を招く害虫「ミナミキイロアザミウマ」の被害を防ごうと、徳島県資源環境研究課の中野昭雄上席研究員(52)らは、ゴマなどに集まる雑食性の天敵「タバコカスミカメ」を利用した対策技術「ゴマまわし」を開発した。農薬を使わずに通年で行える低コストの技術で、同課は各農家へ普及活動を続けている。

 県内のナスは春から9月ごろまで屋外で栽培され、それ以降はハウス栽培により通年生産されている。一方、ミナミキイロアザミウマは農薬への抵抗を強めており、効果的な薬剤が少なくなってきた。温暖化も影響し、現在では屋内外で継続して多く発生するようになったという。

この記事は有料記事です。

残り480文字(全文762文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ「第2波」で自殺16%増 東京都健康長寿医療センター分析

  2. 自民・下村政調会長、事業者への支援「義務規定に」特措法改正案

  3. NHK改革最終案を了承 受信料逃れに割増金 総務省の有識者会議 

  4. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  5. 対馬の盆踊など、国文化財指定へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです