メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

変革

第7部 あいおいニッセイ同和損保/10 義理と人情、昔も今も

タブレット端末を使って新商品を紹介する鍋谷めぐみ=さいたま市中央区で6月21日、松本尚也撮影

 バブル景気前の1980年代前半。30代前半だった大東京火災海上保険(現あいおいニッセイ同和損害保険)の鈴木久仁(67)=現副会長=は年明け早々、大量の「鳩サブレー」を抱え、愛知県半田市を駆け回っていた。担当する保険代理店や整備工場に、実家に近い鎌倉の銘菓を手土産に新年のあいさつをするためだ。「今年もよろしくお願いします」。同業他社の誰よりも目立つことを心がけた。

 かつての金融業界は、大蔵省(現財務省)が「箸の上げ下ろし」まで指図する「護送船団方式」に守られ、損…

この記事は有料記事です。

残り850文字(全文1083文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮川花子さん、多発性骨髄腫を公表 「舞台に立って感謝の涙を流したい」

  2. 中村哲さん合同葬「父から学んだことは、思いを大切にすること…」 長男健さんコメント全文

  3. 疑問氷解 人間に育てられた犬や猫は、動物の言葉はわからないのですか?

  4. 菅氏「バックアップデータは行政文書ではない」 桜を見る会名簿

  5. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです