メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パーキンソン病

iPS治験 臨床研究より実用化近く

 京都大の研究チームが来月1日から開始するiPS細胞(人工多能性幹細胞)を使ったパーキンソン病患者に対する臨床試験(治験)は、これまで国の了承を受けた、同じくiPS細胞を使った目の難病や心臓病患者に対する臨床研究に比べ、より実用化に近いことが大きなポイントだ。

 治験は臨床研究の一つだが、国から医薬品や再生医療製品としての承認を受けることを目的に、医薬品…

この記事は有料記事です。

残り266文字(全文443文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 紀平SP6位 首位はコストルナヤ、世界最高得点 GPファイナル女子

  2. 沢尻エリカ被告がコメント「立ち直ることを約束」「心の底から後悔」

  3. インタビュー・最前線 ブロードリンク 榊彰一社長 中古PCで環境貢献 回収から卸売りまで

  4. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  5. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです