パーキンソン病

iPS治験 臨床研究より実用化近く

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 京都大の研究チームが来月1日から開始するiPS細胞(人工多能性幹細胞)を使ったパーキンソン病患者に対する臨床試験(治験)は、これまで国の了承を受けた、同じくiPS細胞を使った目の難病や心臓病患者に対する臨床研究に比べ、より実用化に近いことが大きなポイントだ。

 治験は臨床研究の一つだが、国から医薬品や再生医療製品としての承認を受けることを目的に、医薬品…

この記事は有料記事です。

残り266文字(全文443文字)

あわせて読みたい

注目の特集