メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2018自民党総裁選

竹下派、衆参対応に乱れ 参院側きょう協議 石破氏支持の動き

 自民党第3派閥の竹下派(55人)で、総裁選に際して石破茂元幹事長を支持する動きが出てきた参院(21人)側の幹部らが、31日に東京都内に集まって対応を協議する。同派は衆院側の多くが安倍晋三首相を支持する方向で、参院が石破氏支持となれば分裂選挙となる可能性が出てくる。【松倉佑輔、高橋恵子】

 竹下派会長の竹下亘総務会長は30日、岸田文雄政調会長、細田派会長代理の塩谷立選対委員長、高村正彦副総裁と東京都内のウナギ料理店で会食した。総裁選に関し、竹下氏は「悩ましいんだよなあ」と本音を漏らした。

 発端は同派参院側に影響力を持つ青木幹雄元参院議員会長の動きだ。青木氏は25日に都内の自身の事務所で、参院竹下派をまとめる吉田博美参院幹事長と会い、「総裁選で石破氏を支持してほしい」と要請。吉田氏は首相と同郷で親しいこともあり難色を示した。ただ青木氏は個別に参院竹下派に働きかけることも可能で、31日の協議が開かれることになったようだ。吉田氏は最終的には青木氏の意をくみ、石破氏支持で参院側をまとめる…

この記事は有料記事です。

残り679文字(全文1124文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中国軍機、台湾識別圏進入 異例の28機 米、圧力停止を要請

  2. インド農民、デモ2カ月 自由化反対、打開策見えず

  3. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  4. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

  5. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです