メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

芥川賞候補作の類似表現問題 普遍性を獲得したか=大原一城(東京学芸部)

第61回群像新人文学賞として「美しい顔」を掲載した「群像」6月号

 今月18日に開かれた第159回芥川賞の選考会は、高橋弘希さんの「送り火」を選んだ。東日本大震災関連の先行著作との類似表現が指摘され、「盗用」の言葉も飛び交った北条裕子さんの「美しい顔」は選に漏れた。私は、関係出版社間のコメントの応酬など、騒動が拡大していく状況をただ追い続けた。ひと息ついてみると、現代らしい典型的な「炎上」になってしまったとの印象が強い。他の表現者の作品を、小説の中でどう扱うべきなのか。

 振り返れば、問題が表面化する前から、「美しい顔」はセンセーショナルで特異だと感じていた。被災地の女…

この記事は有料記事です。

残り1772文字(全文2026文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 子育て親子 かわいい服、どこが危ない?

  2. 川に乗用車転落 車内の3人死亡 家族か 広島

  3. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  4. 松井・大阪市長の処理水発言に、近隣県知事らが異論

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです