メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジンバブエ

ムガベ後、初大統領選 与野党一騎打ち、接戦か

ジンバブエ大統領選で、1票を投じるため長い列を作る有権者=首都ハラレで30日、ロイター

 【ヨハネスブルク小泉大士】アフリカ南部ジンバブエの大統領選挙と議会選が30日、実施された。「恐怖政治」を敷いて、1980年の独立以来37年間にわたり政権の座にあったムガベ前大統領(94)の失脚後初めての選挙。ムガベ政権の崩壊を受けて、自由で公正な投開票が行われるかが焦点となっている。

 大統領選には23人が立候補したが、与党「ジンバブエ・アフリカ民族同盟愛国戦線」の現職、ムナンガグワ大統領(75)と、最大野党「民主変革運動」のチャミサ議長(40)による事実上の一騎打ちとなっている。両候補とも外貨不足に苦しむ国家経済の再建を最優先課題に掲げる。

 昨年11月にムガベ氏に副大統領職を解任されたムナンガグワ氏は、事実上のクーデターによって大統領に就任した。選挙の洗礼を受けて政権の正統性を確保し、外資誘致や国際通貨基金(IMF)の支援再開につなげたい考えだ。

この記事は有料記事です。

残り910文字(全文1289文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 寺で同性結婚式 指輪の代わりに虹色数珠 「性関係なく幸せに」 埼玉・川越

  2. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  3. 誰のための補正予算? 「幽霊会社でも務まる」民間委託の謎 疑問に答えぬ政府

  4. 米グーグルを集団提訴 ブラウザー利用者「シークレットモードで履歴収集」

  5. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです