メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カンボジア総選挙

与党、下院議席独占も 上院に続き 野党「民主主義の死」

 【プノンペン西脇真一、ジャカルタ武内彩】29日実施されたカンボジア下院総選挙(定数125)について、与党・人民党の報道官は30日、ほぼ全議席を獲得できるとの見通しを示した。2月の上院選でも与党が公選の全58議席を押さえており、一党独裁にさらに近づいた。中国は与党大勝を歓迎する一方、米欧や選挙に参加できなかった最大野党・救国党は「非民主的な選挙」と批判を強めている。

 人民党報道官によると、開票集計で同党の得票率は75・7%に上り、議席をほぼ独占する可能性があるとい…

この記事は有料記事です。

残り315文字(全文549文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  2. 名古屋 車庫に男性遺体 パチンコ台メーカー社長

  3. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  4. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  5. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです