メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

爪痕深く(その2止) 水害・土砂災害、広範囲に

西日本豪雨 各地の被害

バックウオーター現象や表層崩壊

 西日本豪雨で大きな被害が出た水害や土砂災害は、どのような仕組みで起きたのか。

 水害では、岡山県倉敷市真備町地区で小田川や、その支流の堤防が決壊し、地区の27%にあたる12平方キロが浸水した。決壊の要因として指摘されているのが「バックウオーター現象」だ。小田川の場合、本流の高梁川の水位が上がって小田川からの流入が制限され、小田川の水かさが増して決壊したとみられている。

 堤防の決壊には複数のケースがある。バックウオーター以外にも流木などで川の流れがせき止められて水位が…

この記事は有料記事です。

残り532文字(全文782文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  2. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

  3. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」が破産申請 従業員200人解雇

  4. 賞品の高級車渡さずMXテレビ謝罪 企画会社と「連絡取れない状況」

  5. 全日本吹奏楽連盟「事務局長ら2人が1.5億円超着服」 懲戒解雇

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです