特集

西日本豪雨

「平成最悪の豪雨被害」をもたらした西日本豪雨。広い範囲で土砂崩れや河川の氾濫が多発し、甚大な被害となった。

特集一覧

西日本豪雨

爪痕深く(その2止) 水害・土砂災害、広範囲に

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
西日本豪雨 各地の被害
西日本豪雨 各地の被害

バックウオーター現象や表層崩壊

 西日本豪雨で大きな被害が出た水害や土砂災害は、どのような仕組みで起きたのか。

 水害では、岡山県倉敷市真備町地区で小田川や、その支流の堤防が決壊し、地区の27%にあたる12平方キロが浸水した。決壊の要因として指摘されているのが「バックウオーター現象」だ。小田川の場合、本流の高梁川の水位が上がって小田川からの流入が制限され、小田川の水かさが増して決壊したとみられている。

 堤防の決壊には複数のケースがある。バックウオーター以外にも流木などで川の流れがせき止められて水位が増し、あふれて堤防を壊す越水パターンがある。この他にも、堤防内に水がしみ込んで弱体化して決壊、速い水流によって堤防が削られて決壊するケースも知られている。国土交通省によると、今回の豪雨では全国270河川で越水や、水はけ悪化による住宅地の浸水などが確認された。

この記事は有料記事です。

残り403文字(全文782文字)

あわせて読みたい

注目の特集