メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
アメリカンフットボール

悪質タックル 日大理事長、危機対応怠る 第三者委報告「社会の批判増幅」

日大アメフット部第三者委員会の最終報告について記者会見に臨む委員長の勝丸充啓弁護士(右)ら=東京都港区で30日午後6時、丸山博撮影

 日本大がアメリカンフットボール部の悪質タックルの事実解明で設置した第三者委員会(委員長、勝丸充啓弁護士)は、最終報告書で大学のガバナンス(組織統治)の不全と経営トップの田中英寿理事長(71)が説明責任を果たさなかったことを強調した。30日夜、記者会見した勝丸委員長は「出処進退は本人や大学当局が判断すること」と、日大側に自浄作用を求めた。

 最終報告書は4期10年務めている田中理事長を「絶大な権限と影響力」と位置付けた。そのうえで、田中理…

この記事は有料記事です。

残り921文字(全文1141文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 防衛相、GSOMIA破棄の「間隙突いた」 北朝鮮弾道ミサイル

  3. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

  4. 韓国側との情報共有、防衛相「オファーはしたい」 北朝鮮ミサイル発射

  5. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです