メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アメリカンフットボール

悪質タックル 日大理事長、危機対応怠る 第三者委報告「社会の批判増幅」

日大アメフット部第三者委員会の最終報告について記者会見に臨む委員長の勝丸充啓弁護士(右)ら=東京都港区で30日午後6時、丸山博撮影

 日本大がアメリカンフットボール部の悪質タックルの事実解明で設置した第三者委員会(委員長、勝丸充啓弁護士)は、最終報告書で大学のガバナンス(組織統治)の不全と経営トップの田中英寿理事長(71)が説明責任を果たさなかったことを強調した。30日夜、記者会見した勝丸委員長は「出処進退は本人や大学当局が判断すること」と、日大側に自浄作用を求めた。

 最終報告書は4期10年務めている田中理事長を「絶大な権限と影響力」と位置付けた。そのうえで、田中理…

この記事は有料記事です。

残り921文字(全文1141文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS NGT48加藤美南、不適切な投稿を謝罪「しっかりと反省」 研究生に降格処分も発表
  2. TOKIO写真「SNSいいの?」 安倍首相が私的な会食アップ 賛否飛び交う  
  3. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  4. 吉川友梨さん行方不明から16年 母になった同級生の思い
  5. ニッポンへの発言 キーワード 山口真帆さんへ=中森明夫

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです