メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・カルチャー

沿岸7県越境、異例の協議会 名建築あります 瀬戸内を発信

「インスタ映え」観光資源として 魅力見つめ直し、地域への誇りに

 瀬戸内国際芸術祭などアートの舞台として注目されている瀬戸内地域。実は優れた近現代建築の宝庫でもある。昨年11月には沿岸7県などでつくる「瀬戸内近現代建築魅力発信協議会」が発足。建築と観光を組み合わせた造語「アーキツーリズム」の実現を目指し、特設サイトで「インスタ映え」する建築写真を特集するなど情報発信を始めた。【清水有香】

 開放感あふれる玄関ピロティと2階から張りだした回廊が目を引く岡山県庁舎(岡山市)。戦後、モダニズム…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿・歌舞伎町のビルで発砲 男性が死亡 容疑者は逃走
  2. 防衛省 にじみ出る不快感 レーダー照射問題
  3. 世界経済・見て歩き 仏・フラン ルノー工場 ゴーン流、うんざり トイレは2回、過酷さに悲鳴
  4. 韓国国防省、探知音は「実体が分からない機械音」 レーダー照射問題
  5. レーダー照射「あとは引き金引くだけ」 政府に強い衝撃、日韓悪化避けられず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです