メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・カルチャー

沿岸7県越境、異例の協議会 名建築あります 瀬戸内を発信

「インスタ映え」観光資源として 魅力見つめ直し、地域への誇りに

 瀬戸内国際芸術祭などアートの舞台として注目されている瀬戸内地域。実は優れた近現代建築の宝庫でもある。昨年11月には沿岸7県などでつくる「瀬戸内近現代建築魅力発信協議会」が発足。建築と観光を組み合わせた造語「アーキツーリズム」の実現を目指し、特設サイトで「インスタ映え」する建築写真を特集するなど情報発信を始めた。【清水有香】

 開放感あふれる玄関ピロティと2階から張りだした回廊が目を引く岡山県庁舎(岡山市)。戦後、モダニズム…

この記事は有料記事です。

残り2097文字(全文2341文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加藤浩次さんと吉本、平行線 大崎会長「持ち帰らせてくれ」
  2. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  3. 山本冷遇の記憶 極楽・加藤 吉本トップを痛烈批判 松ちゃんにも「大先輩におこがましいが…」(スポニチ)
  4. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  5. 首相、韓国が「約束一方的に破っている」 日韓関係「信頼の問題だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです