メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

目をそらさないで

「外国人のリアル」編 第1部 教育格差/中 日本のルール学ぶ

「みらい」で昼休みに弁当を食べる生徒たち。「いただきます」といった日本のあいさつも教えてもらう=愛知県豊橋市で2018年5月31日、高井瞳撮影

 日本語指導の必要な児童・生徒数が全国最多の9275人(文部科学省まとめ)に上る愛知県。フィリピン国籍のミグリンニョ・マリオンさん(15)が暮らす同県豊橋市は約1割を占め、学校ごとに週数時間の日本語指導をしてきた。

 だが、中学生への指導は高度な技術が求められ担当教師の負担が大きい。増加する生徒に効率良く日本語教育を施すため、市は今年4月、1カ所に集めて授業を行う中学生に特化した県内初の初期支援校「みらい」を市立豊岡中に開設。ここ10年間横ばいだったバイリンガル相談員を一挙に2人増やし、11人にした。

 みらいの授業は週4日。生徒は各学校に籍を置きながらみらいに通い、計160時間集中して日本語の基礎を…

この記事は有料記事です。

残り896文字(全文1198文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「次世代加速器」誘致支持せず 日本学術会議
  2. 札幌爆発事故 割れた窓、募る寒さ 本格復旧は来年へ
  3. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  4. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  5. ニッポンへの発言 キーワード 「高輪ゲートウェイ」化するニッポン=中森明夫

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです