青森

ねぶた祭、最古の写真か 127年前に撮影

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
1891(明治24)年に撮影されたとみられるねぶたの写真=青森まちかど歴史の庵「奏海」提供
1891(明治24)年に撮影されたとみられるねぶたの写真=青森まちかど歴史の庵「奏海」提供

 青森市の夏を彩る風物詩「青森ねぶた祭」(8月2~7日)の開催が迫る中、127年前のねぶたを写した一枚の写真が見つかった。1891(明治24)年に撮影されたとみられ、これまで確認されているものの中では最古とみられるという。当時の“ハレの日”の一端がうかがえる貴重な資料となっている。

 写真は7月中旬、同市本町の青森まちかど歴史の庵「奏海」で開催されている写真展「懐かしの昭和のねぶた」(8月26日まで)に持ち込まれた。庵…

この記事は有料記事です。

残り317文字(全文527文字)

あわせて読みたい

注目の特集