広島

野良猫122匹を去勢 「猫のまち」尾道で繁殖防止

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
去勢避妊手術を待つ野良猫=広島県尾道市勤労青少年ホームで2018年7月25日午前9時18分、渕脇直樹撮影
去勢避妊手術を待つ野良猫=広島県尾道市勤労青少年ホームで2018年7月25日午前9時18分、渕脇直樹撮影

 野良猫(地域猫)の繁殖防止を目的とした広島県による初めての一斉不妊去勢が、尾道市西土堂町の市勤労青少年ホームであり、市内の122匹が手術を受けた。尾道は猫のまちとして観光客に人気がある一方、ふん尿を巡って世話をする住民と反対派の対立が起きている。

 この日、野良猫や首輪を付けた地域猫がかごに入れて持…

この記事は有料記事です。

残り152文字(全文302文字)

あわせて読みたい

注目の特集