メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長崎電気軌道

停留場13カ所を名称変更 35年ぶり

「市民会館」に名称が変更される「公会堂前」停留所=長崎市魚の町で2018年7月30日午後4時6分、浅野翔太郎撮影

 長崎電気軌道(長崎市)は、39カ所ある停留場のうち、13カ所の名称を8月1日から変更する。同社によると、停留場の名称変更は1983年以来35年ぶりとなる。

 「賑橋」を「めがね橋」にするなど沿線の観光地から採用したり、「公会堂前」を市公会堂の解体を受け「市民会館」にするなど施設の現状に合わせたりして…

この記事は有料記事です。

残り182文字(全文332文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拝啓 ベルリンより 私を「コロナ」と呼んだ青年に言いたかったこと

  2. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  3. 「強いメッセージ」にこだわった安倍首相、臨時休校要請を強行 側近萩生田氏も押し切る

  4. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  5. 名古屋の訪問介護ヘルパーが新型コロナ感染 利用者の感染は確認されず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです