メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
西日本豪雨

カキ養殖に被害 広島・呉

 西日本豪雨で、全国有数のカキの産地である広島県呉市では養殖のためのカキ棚に大きな被害が出ている。カキの育成に大切な時期とあって、養殖業者は頭を悩ませている。

 カキ棚は、カキの稚貝が付いたホタテの貝殻をつるしたもので、河口付近などに置かれている。干満差で空気に触れる環境で1年ほど成長させ、そこから1年以上沖合に出して太らせる。

 市内を流れる黒瀬川の河口には、約600のカキ棚があったが、川の増水によって半数が流されたり、破損し…

この記事は有料記事です。

残り367文字(全文581文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 防衛相、GSOMIA破棄の「間隙突いた」 北朝鮮弾道ミサイル

  3. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

  4. 韓国側との情報共有、防衛相「オファーはしたい」 北朝鮮ミサイル発射

  5. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです