メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

徳川将軍家

家光の駕籠、福井の寺で発見 専門家「驚き」

福井県小浜市の発心寺で見つかった徳川家光の駕籠=福井県提供
質素な外見ながらも丁寧な仕様になっている徳川家光の駕籠=福井県提供

 徳川将軍家の駕籠(かご)が福井県小浜市の曹洞宗「発心寺(ほっしんじ)」で見つかった。31日発表した県によると、3代将軍家光(1604~51年)の駕籠で、側近の小浜藩主、酒井忠勝(1587~1662年)が初めて若狭国入りした際に贈ったとされる。初代家康を除き将軍用の駕籠は現存せず、専門家は「大変な驚きで、近世交通史の貴重な資料だ」と話している。【大森治幸】

 駕籠は箱状の座席に担ぎ棒を渡した乗り物で、明治期に人力車が普及するまでは広く利用された。家光が贈ったとされる駕籠は、廃藩前の明治初期に小浜城から買い受けた商人が発心寺に寄贈した。寺の老朽化に伴う解体工事で昨年12月に見つかり、県立若狭歴史博物館などが調査していた。

 見つかった駕籠は、座席部分が長さ118センチ、幅86センチ、高さ102センチ。竹やヒノキの薄板を編み込む「網代(あじろ)」の手法を施す外観は質素だが、内側は焦げ茶のビロードが貼られ、格子部分をスライドして開閉できる夢想窓が細工されている。両端の金具に徳川家の三つ葉葵(あおい)紋がある黒漆塗りの担ぎ棒は現存する最長の497センチで、上部が丸みを帯びる。

 酒井忠勝は家光からの信任が厚く、晩年は大老に就いて将軍家を支えた。1634年に若狭国入りした際には家光から馬も受けたとされ、駕籠からは主従の強い結びつきがうかがえる。将軍家の駕籠は家康の3丁が残るだけで、東京都江戸東京博物館の斎藤慎一学芸員(中世史)は「内外装の仕様は武家社会での身分を示しており、階層性を示す貴重な資料だ」と話している。

 駕籠は幕末期の1860年、当時の小浜藩主だった酒井忠義(1813~73年)が京都御所を訪問する際にも利用しており、県立若狭歴史博物館は開催中の「幕末明治福井150年博」で8月1日から特別公開する。問い合わせは同館(小浜市遠敷2、電話0770・56・0525)。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界遺産 光のアート、幻想的に 京都・下鴨神社
  2. 中央省庁 障害者雇用、水増しか 42年間 政府調査開始
  3. 宮内庁 永久保存の公文書1冊が所在不明
  4. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出
  5. 障害者雇用 2省、水増し認める 国交、総務 手帳ない職員も算入

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです