徳川将軍家

家光の駕籠、福井の寺で発見 専門家「驚き」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
福井県小浜市の発心寺で見つかった徳川家光の駕籠=福井県提供
福井県小浜市の発心寺で見つかった徳川家光の駕籠=福井県提供

 徳川将軍家の駕籠(かご)が福井県小浜市の曹洞宗「発心寺(ほっしんじ)」で見つかった。31日発表した県によると、3代将軍家光(1604~51年)の駕籠で、側近の小浜藩主、酒井忠勝(1587~1662年)が初めて若狭国入りした際に贈ったとされる。初代家康を除き将軍用の駕籠は現存せず、専門家は「大変な驚きで、近世交通史の貴重な資料だ」と話している。【大森治幸】

 駕籠は箱状の座席に担ぎ棒を渡した乗り物で、明治期に人力車が普及するまでは広く利用された。家光が贈ったとされる駕籠は、廃藩前の明治初期に小浜城から買い受けた商人が発心寺に寄贈した。寺の老朽化に伴う解体工事で昨年12月に見つかり、県立若狭歴史博物館などが調査していた。

この記事は有料記事です。

残り478文字(全文790文字)

あわせて読みたい

注目の特集