メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西淀川和解20年

公害、過去の話じゃない 未認定患者

ぜんそく患者らが体操などをして健康を保つ教室に参加する池永末子さん=大阪市西淀川区で2018年7月20日、梅田麻衣子撮影

 大阪の西淀川公害訴訟の最終和解から20年を迎えたが、今も公的支援を受けられずに苦しみ続ける人たちがいる。大阪市西淀川区の池永末子さん(74)は、国による公害患者認定が打ち切られた後にぜんそくを発症した未認定患者だ。「公害は決して過去の出来事ではない」。制度の枠から漏れた患者への救済を求め、声を上げ続けている。

 池永さんは1970年、結婚して福岡から大阪へ来て空の色に驚いた。町工場から出る黒い煙が立ち込め、ハ…

この記事は有料記事です。

残り858文字(全文1064文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. AAAリーダーを暴行容疑で逮捕 「飲みに行こう」と誘うも断られ平手打ち
  4. 池袋暴走現場に花束「人ごとと思えぬ」「いずれ免許返納する」
  5. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです