メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外未解明だった数学の超難問「ABC予想」を証明 京大の望月教授
西淀川和解20年

公害、過去の話じゃない 未認定患者

ぜんそく患者らが体操などをして健康を保つ教室に参加する池永末子さん=大阪市西淀川区で2018年7月20日、梅田麻衣子撮影

 大阪の西淀川公害訴訟の最終和解から20年を迎えたが、今も公的支援を受けられずに苦しみ続ける人たちがいる。大阪市西淀川区の池永末子さん(74)は、国による公害患者認定が打ち切られた後にぜんそくを発症した未認定患者だ。「公害は決して過去の出来事ではない」。制度の枠から漏れた患者への救済を求め、声を上げ続けている。

 池永さんは1970年、結婚して福岡から大阪へ来て空の色に驚いた。町工場から出る黒い煙が立ち込め、ハンカチで口や鼻を押さえないと出歩けなかった。3歳だった長女はせきが止まらず、眠れない夜が続いた。気管支ぜんそくと診断され、公害健康被害補償法に基づく認定を受けた。自身もせきが出たが、娘のことで手いっぱいで申請できなかった。

この記事は有料記事です。

残り747文字(全文1064文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  2. 石川の路線バス男性運転手が感染 金沢や野々市で3日に403便運休へ

  3. ファクトチェック マスクは首相の地元・山口県の企業が受注? 「全世帯配布」で駆け巡ったツイート

  4. 「6月に消費税0%」で令和の恐慌を防ぐ

  5. 「かっこよかった」「生き方教わった」最高齢ライオン・ナイル 死の前々日まで咆哮 京都市動物園

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです