メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

資源管理

日本、マグロ漁獲枠増提案へ 回復傾向根拠

 すしネタや刺し身として人気の高い太平洋クロマグロを巡り、日本は9月、太平洋クロマグロの資源管理を協議する国際機関に漁獲枠を増やす提案をすることを決めた。資源評価を行っている国際科学機関が「2011年以降、資源が回復傾向にあり、国別漁獲枠の引き上げが可能」とする試算結果をまとめたからだ。

 乱獲などで資源量が激減したクロマグロについては、日米など26カ国・地域が加盟する「中西部太平洋マグロ類委員会(WCPFC)」が資源管理を協議しており、24年までに大型魚(30キロ以上)を4万3000トンまで回復させる暫…

この記事は有料記事です。

残り383文字(全文637文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 群馬・高崎にプロレス覆面専門店 東京からコロナ移住「マスク文化根付かせたい」

  2. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  3. ファクトチェック 「野党議員は自宅待機 自民党議員は無症状即入院」ツイートは不正確

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. 50代中年ウーバー配達員の奮闘、苦悩 「感謝と複雑な思いと…」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです