メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジンバブエ

総選挙「ムガベ後」初 自由・公正かが焦点

ジンバブエ大統領選で、1票を投じるため長い列を作る有権者=首都ハラレで30日、ロイター

 【ヨハネスブルク小泉大士】アフリカ南部ジンバブエの大統領選挙と議会選が30日、実施された。「恐怖政治」を敷いて、1980年の独立以来37年間にわたり政権の座にあったムガベ前大統領の失脚後初めての選挙。ムガベ政権の崩壊を受けて、自由で公正な投開票が行われるかが焦点となっている。

 大統領選には23人が立候補したが、与党「ジンバブエ・アフリカ民族同盟愛国戦線」の現職、ムナンガグワ大統領(75)と、最大野党「民主変革運動」のチャミサ議長(40)による事実上の一騎打ちとなっている。両候補とも外貨不足に苦しむ国家経済の再建を最優先課題に掲げる。

 昨年11月にムガベ氏に副大統領職を解任されたムナンガグワ氏は、事実上のクーデターによって大統領に就任した。選挙の洗礼を受けて政権の正統性を確保し、外資誘致や国際通貨基金(IMF)の支援再開につなげたい考えだ。

この記事は有料記事です。

残り422文字(全文797文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 劇場やスポーツ観戦、5月末にも再開 東京都、休業要請緩和前倒し検討

  2. 余録 都市封鎖をせず、欧米各国と一線を画したスウェーデンの…

  3. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

  4. 埼玉・富士見のマンションに2遺体 「両親殺した」36歳長男を聴取

  5. 国家安全法制、香港で反対デモ 「1国2制度の崩壊」 移住検討、急増

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです