メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京大iPS治験

将来的に治療費「数百万円くらい」目指す

iPS細胞を使ったパーキンソン病の治験開始を前に、記者会見する京都大iPS細胞研究所の高橋淳教授=京都市左京区で2018年7月30日午後3時22分、川平愛撮影

 京都大が来月1日から始めると発表したiPS細胞(人工多能性幹細胞)を用いたパーキンソン病の治験。高齢化の進展で年々増える全国の患者に福音となるのか。記者会見した京大iPS細胞研究所の高橋淳教授は「ようやくスタート地点に立てた。積み上げてきたものが審判を受けるという意味で厳粛な思いでいる」と語った。

 現在の治療法は、脳で不足した神経伝達物質ドーパミンを補う飲み薬が中心だ。脳に電極を埋めて電気刺激で症状を抑える方法もあるが、効果が持続しないなどの課題がある。

 治験では、ドーパミンを作る神経細胞のもとを患者の脳に移植し、症状の緩和を確かめる。患者団体「全国パーキンソン病友の会」(東京)の長谷川更正代表理事(83)は「一日も早く一般に普及することを期待している」と歓迎する。

この記事は有料記事です。

残り459文字(全文797文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

  3. テレ東・大江麻理子キャスターらマスク着用 「緊急事態宣言受け決断」

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. 声なき声を捕捉せよ コロナと連動する菅内閣支持率

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです