メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アメフット

第三者委、理事長指弾「説明責任果たさず」

日大アメフット部第三者委員会の最終報告について記者会見に臨む委員長の勝丸充啓弁護士(右)ら=東京都港区で2018年7月30日午後6時、丸山博撮影

 日本大がアメリカンフットボール部の悪質タックルの事実解明で設置した第三者委員会(委員長、勝丸充啓弁護士)は、最終報告書で大学のガバナンス(組織統治)の不全と経営トップの田中英寿理事長(71)が説明責任を果たさなかったことを強調した。30日夜、記者会見した勝丸委員長は「出処進退は本人や大学当局が判断すること」と、日大側に自浄作用を求めた。

 最終報告書は4期10年務めている田中理事長を「絶大な権限と影響力」と位置付けた。そのうえで、田中理…

この記事は有料記事です。

残り1016文字(全文1236文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌女児衰弱死 猫13匹を母親宅で保護 交際相手宅でも8匹 ガリガリに痩せ数匹治療中 保護団体
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. 札幌・死亡の2歳女児、やせ細り濃いあざ 「ママー」の泣き声も 児相「48時間ルール」守らず
  4. 飼料から禁止薬物 JRA、15、16日東京、阪神、函館出走予定の156頭競走除外
  5. 札幌女児死亡 道警面会に児相同行断る 「行くべきだった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです