メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪・高槻市

ブロック塀事故再発防止へ 調査委が初会合

 大阪北部地震で大阪府高槻市立寿栄小学校のブロック塀が倒れて4年生の女児が亡くなった事故を受け、市は外部有識者による事故調査委員会を設置し、30日、市役所で初会合を開いた。建築や危機管理などの専門家4人で構成。塀の点検状況など事故の背景を検証し、再発防止策を議論する。

 倒れたブロック塀は高さや工法が建築基準法施行令に違反していたことが明らかになっている。20…

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文452文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. 新型コロナ、国内の死者5000人に 14日間で1000人増

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  5. 香取慎吾さん「声に出せることしか投稿しない」 SNSでの中傷がテーマのドラマに主演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです