SUNDAY LIBRARY

平松 洋子・評『犬を飼う そして…猫を飼う』谷口ジロー・著

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

ともに暮らし、生きた日々を思い悲しみを静かに受け入れるまで

◆『犬を飼う そして…猫を飼う』谷口ジロー・著(小学館/税別1200円)

 いつも早朝に行くZ公園の入口に、公園名を刻印した三角の石が建っている。朝六時半ごろ通りかかると、高さ一メートル位の石山のてっぺんに一匹の柴犬が登っていることに、半年前に気づいた。

 つぶらな瞳がたまらなくかわいい。四本の脚をすっくりと伸ばして人待ち顔なので余計に気になり、そばに立つ飼い主に名前を訊(き)いた。

この記事は有料記事です。

残り1296文字(全文1516文字)

あわせて読みたい

注目の特集