メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私だけの東京・2020に語り継ぐ

報道写真家・樋口健二さん 魅せられた武蔵国分寺跡

報道写真家・樋口健二さん

 東京都国分寺市の僕の家から車で10分ほどのところに、武蔵国分寺跡があります。

 飢饉(ききん)や災害、疫病がはやった奈良時代の中ごろ、聖武天皇が仏教の力で国を安定させようと諸国に国分寺の建立を命じました。特に武蔵国分寺跡は全国的にも規模が大きく、大正時代には国の史跡に指定されました。

 かつては金堂や講堂、七重の塔があって、ちょっと離れた所に尼寺もあった。でも、鎌倉幕府と新田義貞の軍が戦ったときに焼失してしまいました。今は一部が市立歴史公園になっていて、礎石や説明板などがあります。春には桜、初夏にはアジサイの花が咲き、秋の紅葉もきれいです。環境省の名水百選にも選ばれた「お鷹(たか)の道・真姿(ますがた)の池湧水(ゆうすい)群」もあって、落ち着いた雰囲気が特に好きですね。

 国分寺で22歳から暮らし始めたのは、「もうけ話」に乗ったことがきっかけです。

この記事は有料記事です。

残り1391文字(全文1768文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

  2. 2番組が広告放送の疑い BPO審議入り

  3. 農業後継者、高専、120年超す伝統校…センバツ21世紀枠 9候補はこんな学校

  4. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

  5. 内閣支持率急落「謙虚に受け止める」 菅官房長官会見詳報 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです