メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大岡信と戦後日本

/5 恋愛という転機 「魂の向日性」持つ女性と

 「確かにこの詩を見せられた記憶があります。信(まこと)さんの家へ行った時に、ノートを見せてくれました」

 大岡信の妻かね子さん(87)は7月中旬、静岡県裾野市の自宅のテーブルに、古びた大学ノートを置いた。話に出た一編は未発表の作品で、当時19歳だった2人の、ある重要な場面を語るものでもあった。

 <さうだ、私はここにゐる、すつかり行手に絶望して、この硝子(ガラス)張りのひとやのなかに。硝子のむかふにあなたがゐる。あなたの顔がしきりにうごく。私になにか問ひかけながら。

 いけない、いけない、こちらを向いては。黒々とした瞳の奥に、おそろしく深い湖がある。ゆらめく波が私の…

この記事は有料記事です。

残り1565文字(全文1849文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 副町長が車庫入れで頭ぶつけ死亡 福井・若狭
  2. 米子東の選手がベンチ入りせず
  3. 札幌大谷が甲子園初勝利 米子東を1点に抑える
  4. 「白血病に勝つ…」池江選手の応援凧 滋賀の阿賀神社
  5. 前夕張市長の鈴木氏が先行、元衆院議員の石川氏が追う 北海道知事選・毎日新聞電話調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです