メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

定型の窓から

異常気象と季語=片山由美子

目のついてゆけぬ迅さの出水川 藤崎久を

秋たつや川瀬にまじる風の音 飯田蛇笏

 各地で記録的な暑さが続くなど、日本は異常気象のまっただ中にある。例年なら梅雨末期に大雨となることが多いが、今年は多くの地域で梅雨が明けてから集中豪雨に見舞われた。それも、西日本豪雨のように、想像を絶するものであった。

 季語で「出水」といえば梅雨どきの豪雨による洪水のことで、台風などによってもたらされる「秋出水」と区別している。それだけ、梅雨明け前後の大雨は実感として定着していたのである。しかし、今回のような水害は、気象情報などでいわれた「これまでに体験したことのない」大雨によるものだった。

 目のついてゆけぬ迅(はや)さの出水川 藤崎久を

この記事は有料記事です。

残り973文字(全文1282文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 障害者雇用水増し 「名前貸して」元横浜家裁職員が証言
  3. 女子テニス 大坂ウイルス性の病気のため武漢オープン欠場
  4. 海賊 ソマリア沖で商船襲撃相次ぐ 干ばつや飢饉が影響か
  5. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです