メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ナビゲート

「優生学」から「優生思想」へ=粥川準二(科学ライター)

 最近、メディア上で「優生思想」という言葉を見かけることが多い。たとえば出生前診断や相模原事件を語るとき、この言葉がよく使われる。あるいは最近では、ある与党議員が「LGBTには生産性がない」と主張し、「優生思想だ」と激しく批判された。

 この言葉はどうやら「優生学」が変化したものらしい。優生学とは、ダーウィンのいとこ、フランシス・ゴールトンが1883年につくり出した言葉で、ある人種の「質」を改良するための学問、と提唱された。障害者の断種などが国の政策として行われる場合には「優生政策」と呼ばれることもある。優生政策はナチス・ドイツが悪名高いが、最近報道され続けているように障害者の…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女子中学生を脅迫容疑、31歳男逮捕 警視庁
  2. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬
  3. 「まれにみる異常な殺人運転」と懲役18年求刑 堺あおり運転
  4. 「もう耐えられない」 ゴーン容疑者捜査の端緒 外国人幹部の告白
  5. 絵馬 合格願う 安倍文殊院本堂前にずらり 桜井 /奈良

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです