メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ナビゲート2018

「優生学」から「優生思想」へ=粥川準二(科学ライター)

 最近、メディア上で「優生思想」という言葉を見かけることが多い。たとえば出生前診断や相模原事件を語るとき、この言葉がよく使われる。あるいは最近では、ある与党議員が「LGBTには生産性がない」と主張し、「優生思想だ」と激しく批判された。

 この言葉はどうやら「優生学」が変化したものらしい。優生学とは、ダーウィンのいとこ、フランシス・ゴールトンが1883年につくり出した言葉で、ある人種の「質」を改良するための学問、と提唱された。障害者の断種などが国の政策として行われる場合には「優生政策」と呼ばれることもある。優生政策はナチス・ドイツが悪名高いが、最近報道され続けているように障害者の…

この記事は有料記事です。

残り438文字(全文729文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  2. 大相撲 稀勢の里「悔しい。今場所は申し訳ない」
  3. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  4. 秋田 記者が通報、北朝鮮の木造船 船内捜索も見守る
  5. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです