メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

三菱UFJ銀行大阪ビル

御堂筋にニョキ 緩和後初、100メートル超ビル

御堂筋の高さ規制緩和第1号となった三菱UFJ銀行大阪ビルの本館(中央)。右は別館=大阪市中央区で2018年7月30日、本社ヘリから三村政司撮影

 三菱UFJ銀行は1日、大阪の中心部を南北に貫くメインストリートの御堂筋沿いに完成させた同行大阪ビル(大阪市中央区)を報道関係者に公開した。同行の前身の一つ、旧三和銀行本店跡地に建設した。新ビルの本館は、地上21階、地下3階建てで高さ101・35メートル。大阪市が2014年に御堂筋沿いの高さ規制(従来60メートル)を緩和し、100メートル超のビル建設が可能になってから初めての案件となる。

 新ビルは本館以外に高さ93・95メートルの別館(18階建て、地下3階建て)もある。市内に分散している同行の本部機能を集約し、証券やリースなどグループ会社も入る。1階にはカフェや昔の貨幣や古地図を展示するギャラリーを設け、御堂筋沿いのにぎわい創出にも一役買う。式典に出席した三毛兼承頭取は記者団に対して「歴史ある御堂筋の街並みと調和し、愛用されるビルができた」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り202文字(全文582文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  2. 営業時間命令違反で過料、入院拒否には刑事罰 自民が特措法改正案など了承

  3. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  4. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  5. 「日本政府は中国と同じことを頼む」 ニューヨーク・タイムズ前支局長が内実を暴露

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです