メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山形市

中核市移行申し出へ 今月にも 市民サービス向上期待 /山形

 山形市は2019年4月1日の中核市移行を目指し、8月上旬に総務省に申し出をする。中核市になると、県から業務が移譲されることで、より住民に身近な行政サービスが行えるようになる。

 中核市の要件は以前、人口30万人以上だったが、15年4月に「20万人以上」に引き下げられた。約25万人の山形市は同年から、移行に向けた取り組みを進めてきた。今年7月9日付で県の同意を得ており、国への申し出で手続きが大詰めを迎える。

 中核市推進課によると、移行後は県から2400以上の業務が市に移る。市に権限・機能が一元化されること…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. 次期堺市長選に維新が候補擁立の意向 松井代表、竹山氏を批判「潔くなかった」
  3. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  4. 維新が兵庫で勢力拡大 大阪の勢い取り込み 県内市議選、18人中17人当選
  5. 低速で横断歩道に進入 ドライブレコーダーに運転手の叫び声も 神戸・バス事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです