メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

結婚支援施設を設置 AI活用し男女をマッチング 会員を募集 /埼玉

 結婚を希望する男女に出会いの場を提供しようと、県などは「SAITAMA出会いサポートセンター」を県内3カ所(さいたま、本庄、坂戸の各市)に設置する。8月から会員を募集し、10月から男女のマッチングを始める。人工知能(AI)を活用したマッチングシステムを採用し、交際から結婚までをサポート。出会いの場を提供し、少子化対策につなげる狙いがあるという。

 同センターは県と県内24市町村や企業などでつくる協議会が運営。本人確認書類などを提出して会員登録すると、スマートフォンで年齢などの条件から相手を検索できる。登録時のアンケートからAIが相性の良い相手を紹介する機能もある。婚活パーティーも企画し、マッチングがうまくいかない場合は相談員が相談に応じる。3年間で7000人の登録を目指す。

この記事は有料記事です。

残り114文字(全文455文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 松本潤「嵐という船を一度降りて」大河主演決意までの葛藤 オファー一度は保留[コメント全文]

  2. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  3. 「なぜ?なぜ?なぜ娘だったのか」 福岡・商業施設女性刺殺、被害者の母

  4. マスク拒否し緊急着陸させた大学職員逮捕 威力業務妨害などの疑い 大阪府警

  5. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです