メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国学力テスト

算数・数学の低調続く 理科は中学で低下傾向 /千葉

 文部科学省が31日公表した全国学力・学習状況調査(全国学力テスト、学テ)の結果で、県内の平均正答率は小中学校ともに全国平均とほぼ同水準ながら、例年同様に算数・数学が比較的低い数値となった。県教委は「今後結果を分析し、施策や授業に生かしていく」としている。

 調査は今年4月、小6と中3を対象に実施された。県内は、公立小796校、公立中387校の計1183校(義務教育学校・特別支援学校含む)の約9万9000人が参加。国語と算数・数学、理科の3教科で行われ、国語と算数・数学は基礎知識を問うA問題と、応用力を測るB問題が出された。理科の調査は2015年度以来3年ぶりに実施した。

 平均正答率を科目別にみると、小6は算数Aが62%(全国63・5%)、中3では数学Aが64%(同66…

この記事は有料記事です。

残り1015文字(全文1353文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 河井案里議員に「裏切られた」 車上運動員紹介の広島県議を任意聴取 広島地検

  2. まさに「雪乞い」 東京五輪の暑さ対策、少雪でピンチ 豪雪の南魚沼

  3. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  4. 河井案里議員が登院「区切り付いたら説明したい」

  5. 首相、施政方針で「台湾」に言及 異例の演説、どよめきと5秒間の拍手も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです