メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国学力テスト

成績、差は縮小 小中・下位3県、6種類で改善 前年度比

 文部科学省は31日、今年度の全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)の結果を公表した。下位3県の平均正答率と全国平均の差は、理科(前年度は実施せず)を除く小中各2教科、8種類のうち6種類で前年度より縮小。下位県の結果が向上する傾向が続いている。また今年度から、提供先を国の委託機関に限っていた結果データを匿名化して希望する研究者らに開示する。過去10回分を対象とし、教育施策効果の検証に活用される。

 学テは今年4月、全国公立と希望する私立(参加率49・9%)の小中学校計約3万校に在籍する小6と中3…

この記事は有料記事です。

残り477文字(全文727文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

  2. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

  3. 警視が百貨店でカニ缶など万引き 山形県警が窃盗容疑で逮捕

  4. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  5. 公明・山口代表、升酒乾杯で「迷惑かけた」 桜を見る会めぐり陳謝

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです