メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

変革

第7部 あいおいニッセイ同和損保/11 変化の荒波、手を組んで

2000年3月、合併会見で握手する瀬下明・大東京火災社長(左)と福田耕治・千代田火災社長=いずれも当時

 1998年6月、大東京火災海上保険(現あいおいニッセイ同和損害保険)の社長に就いたばかりの瀬下明(76)は、目前に迫る変化の大波に苦悩していた。「昨日と今日の景色が変わる。この会社をどうやって残すのか」

 翌月から、日本版ビッグバン(金融制度改革)の一環で、戦後長らく横並びが続いてきた自動車などの保険料が自由化されることになっていた。大東京は業界5位。保険料の値引き競争になれば、規模で勝る大手が有利になる。「合併しかない」。瀬下は腹をくくった。

 瀬下は誰にも明かさず、次々に同業他社のトップと会い、感触を探った。単なる規模拡大ではなく相乗効果が…

この記事は有料記事です。

残り877文字(全文1151文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 「桜を見る会、20年開催中止」安倍首相が説明の意思 衆参予算委で

  3. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

  4. 月夜に浮かぶ「青い池」 幻想的な光景に感嘆 北海道・美瑛

  5. 実は飲食物が予算案の3.5倍だった「桜を見る会」の「国会軽視」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです