メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ミニ論点

プルトニウム削減指針 元国際エネルギー機関事務局長・田中伸男氏/元原子力委員長代理・鈴木達治郎氏

 原子力委員会がプルトニウム利用の新指針で、日本の保有量削減に初めて踏み込んだ。プルサーマル発電として原発で使う現状の核燃料サイクルが行き詰まる中、どう削減すべきか識者に聞いた。

高速炉研究前進を 笹川平和財団会長、元国際エネルギー機関事務局長・田中伸男氏

 プルトニウムを安全かつ平和的に利用する日本の方針は、国際的にも認められており、揺るぎないものだ。ただ、プルトニウム利用の本命だった「もんじゅ」の廃炉が決まり、プルサーマルで使いきれない状況になったことで、国際的な懸念を招いている。

 政府は、もんじゅに代わる高速炉の路線を明確に示すべきだ。そうすれば国民も国際社会も納得する。

この記事は有料記事です。

残り590文字(全文880文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やりすぎた 反省している」あおり運転事件で容疑の男 交際相手も全面的に容疑認める

  2. 東北新幹線で走行中にドア開く 運転士が緊急停止

  3. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

  4. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  5. あおり運転か 車止めさせ運転手の顔殴打疑い 42歳男逮捕 岐阜

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです