メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

長期金利上昇容認 日銀、苦肉の小手先修正 緩和後退と銀行打撃、板挟み

金融政策決定会合後、記者会見する黒田東彦日銀総裁=東京都中央区の日銀本店で2018年7月31日午後3時42分、長谷川直亮撮影

 日銀が金融緩和政策を約1年10カ月ぶりに修正した。現状のままでは2%の物価上昇目標の達成は困難と認め、緩和の長期化を打ち出す一方、一定の金利上昇を容認することで副作用にも配慮した。だが、小手先の修正で多くの矛盾をはらんでおり、目標達成の先送りを繰り返してきた日銀の「苦肉の策」とも言える。緩和政策の信頼性や持続性強化につながるかは見通せない。【坂井隆之、土屋渓】

 「従来考えていたよりも時間がかかるので、手当てをした。大幅な緩和は十分続けられる」。日銀の黒田東彦…

この記事は有料記事です。

残り1900文字(全文2132文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  3. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  4. 石破氏「幕引きにならない」 桜を見る会巡り、首相に記者会見求める

  5. 大阪桐蔭が優勝 8大会連続14回目 高校ラグビー大阪大会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです