メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う・記者の目

旧優生保護法提訴を実名報道して 誰もが犠牲になり得た=安達恒太郎(北海道報道部)

提訴後の記者会見する小島喜久夫さん(右)と夫を励ます妻麗子さん=札幌市中央区で5月17日、貝塚太一撮影

 10代後半で旧優生保護法(1948~96年)に基づく不妊手術を強いられたとして国への損害賠償を求めて札幌地裁に提訴した札幌市の小島喜久夫さん(77)は、私が取材した時、旧法を巡る国賠訴訟の原告や提訴予定者として初めて実名を明かすと決断した。生い立ちの悲劇から歯車が狂い、不妊手術を強制された人生は、「制度の犠牲になった」の一言で済まされない。同じように手術を強制された当事者たちの証言などから見えてきたのは、障害者かどうかにかかわらず、不妊手術の対象基準が極めてあいまいで、誰が対象になってもおかしくなかったという怖さだった。

 提訴1カ月前の4月、北海道内で初めて国賠訴訟の原告になると決断していた小島さんを訪ねた。経緯を知り…

この記事は有料記事です。

残り1735文字(全文2049文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 青森県困惑 800円の「県民手帳」、4倍でメルカリ出品 「こぎん刺し」模様などの限定版

  2. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  3. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  4. 堺市立小教諭、教え子の中1少女にキス 口止めも 強制わいせつ容疑で逮捕

  5. 唐揚げ、焼きそば、瓶ビール…官邸幹部の「セコい裏技」露呈 「桜を見る会」弁明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです