メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う・記者の目

旧優生保護法提訴を実名報道して 誰もが犠牲になり得た=安達恒太郎(北海道報道部)

提訴後の記者会見する小島喜久夫さん(右)と夫を励ます妻麗子さん=札幌市中央区で5月17日、貝塚太一撮影

 10代後半で旧優生保護法(1948~96年)に基づく不妊手術を強いられたとして国への損害賠償を求めて札幌地裁に提訴した札幌市の小島喜久夫さん(77)は、私が取材した時、旧法を巡る国賠訴訟の原告や提訴予定者として初めて実名を明かすと決断した。生い立ちの悲劇から歯車が狂い、不妊手術を強制された人生は、「制度の犠牲になった」の一言で済まされない。同じように手術を強制された当事者たちの証言などから見えてきたのは、障害者かどうかにかかわらず、不妊手術の対象基準が極めてあいまいで、誰が対象になってもおかしくなかったという怖さだった。

 提訴1カ月前の4月、北海道内で初めて国賠訴訟の原告になると決断していた小島さんを訪ねた。経緯を知り…

この記事は有料記事です。

残り1735文字(全文2049文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天然記念物のジュゴン1頭の死骸発見 沖縄
  2. 準強姦で起訴の男性会社役員に無罪判決 地裁久留米支部
  3. 小室圭さんが謝罪コメント発表 母の金銭トラブルで経緯説明
  4. 「どう接したら…」 職員に戸惑いも 暴言の明石市長3選
  5. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです