メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国産ワイン

地名表示厳格化 ブドウ産地にこだわり ブランド変更の業者も

ラベルに地名を表示したワインは多いが、10月から表示が厳格化される=東京都港区のワインショップ「遅桜」で、2018年7月31日、岡大介撮影

 国税庁は、今年10月30日から国産ワインの地名の表示ルールを厳格化する。その地域で収穫されたブドウを85%以上使用していないと、産地名を名乗れなくなる。あいまいだった表示基準を明確化してブランド確立につなげるのが目的だが、ラベルの変更を迫られる業者もあり、業界では歓迎と戸惑いの声が交錯している。【岡大介】

 国税庁は、海外で国産ワインの評価が高まっていることなどを受け、国際的に通用する基準を作ろうと201…

この記事は有料記事です。

残り1250文字(全文1454文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  2. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  4. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  5. 白血病から復活、後輩Jリーガーを励まし 励まされ プロップ稲垣、奮闘の源泉

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです