メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ハマりました。

送電線用の鉄塔 「触りたい」でも近寄れない

西武多摩川線沿線の鉄塔=東京都小金井市で、岡礼子撮影

 近寄って見上げると、意外と迫力があるものだなあ。ふだんは、あまり意識していない送電線用の鉄塔。その魅力はいったい何だろう。夢中になってしまった女性に会いに行った。

 「できれば触りたい。抱きしめたいくらいです」。東京都の会社員、硲(はざま)芽唯(めい)さん(28)がそう話す相手はネコ、ではなく鉄塔だ。それも、「鉄骨が角張っていて、複雑な骨組み」がいい。東京スカイツリー(634メートル)よりも東京タワー(333メートル)の方が好みに合う。彼女にとっての「ベストオブ鉄塔」は西東京市に立つ電波塔「スカイタワー西東京(195メートル、通称・田無タワー)」。一般的な送電線用の鉄塔や鉄骨作りの橋、工事用のクレーンなども、見るだけでうれしくなるという。「送電鉄塔は、左右が非対称だったり、門の形だったり、その場所の必要性に合わせた形になっていて、一つ一つがユニークなんですよ」

 7月初旬。学生時代、よく自転車で近くを通っていた東京都府中市の送電鉄塔を見に行くというので、同行させてもらった。

この記事は有料記事です。

残り1416文字(全文1858文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中国軍機、台湾識別圏進入 異例の28機 米、圧力停止を要請

  2. インド農民、デモ2カ月 自由化反対、打開策見えず

  3. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  4. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

  5. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです